処理中です...

利用規約

経理実務の学校 サービス 利用規約

本利用規約は(以下「本規約」といいます)は、ジャスネットコミュニケーションズ株式会社(以下「当社」といいます)が運営する経理実務の学校(https://study.jusnet.co.jp)が提供するサービス(以下「本サービス」といいます)に関して、本サービスの提供・運営をする当社と本サービスを利用する講師及び受講生(第1条において定義します)との間の権利義務関係が定められております。本サービスに登録して利用する場合、本規約が本サービスの利用にかかる一切の取引・関係に適用されますので、必ず全文をお読みいただきますようお願いいたします。


第1章 総則

第1条 用語の定義

本規約において使用する用語は、それぞれ次の意味で使用します。

1. 会員

本規約に同意し本サービスの利用を希望するもの

2. 受講生

講座に申し込んだ会員

3. 講師

講座を開設した会員

4. 講座

講師が開催するセミナー、イベント、勉強会、相談会など講師から受講生に提供されるサービス

5. 講座ページ

本サービス上において講師が提供する講座の内容を記載したWEBページ

6. 受講料

第5条第3項に定義する講座を受講する対価

7. 手数料

講師が本サービスの対価として当社に支払う手数料

8. エージェントサービス利用者

当社から企業等への転職支援及び派遣による就業支援サービスの提供を希望する会員


第2条 本規約の適用

1.この規約は、当社が提供する本サービスの利用に関し、適用されます。

2.本サービスを利用するには、本規約に同意した上で登録が完了し、会員となっていることが必要です。

3.当社は、当社所定の方法により会員に通知することにより本規約を変更することがあります。その場合、料金その他の本サービス提供条件は変更後の規約に従うものとします。

4.本サービスは、会員に対して講座開催告知及び参加募集を可能にするプラットフォームを提供するものであり、当社は、講師と受講生間の問題に関し、一切の責任を負わないものとします。


第3条 本サービスの利用

1. 会員は、利用契約の有効期間中、本規約の目的の範囲内でかつ本規約に違反しない範囲内で、当社の定

める方法に従い、本サービスを利用することができます。

2. 本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他

の通信環境等の準備及び維持は、会員の費用と責任において行うものとします。

3. 登録の申請は必ず本サービスを利用する個人又は法人自身が行わなければならず、原則として代理人による登録申請は認められません。また、登録希望者は、登録の申請にあたり、真実、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければなりません。

4. 前項に定める登録の完了時に、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約が会員と当社の間に成立し、会員は本サービスを当社の定める方法で利用することができるようになります。

5.会員は、登録情報に変更があった場合は、遅滞なく、当社の定める方法により、当該変更事項を当社に通知し、当社から要求された資料を提出するものとします。

6. 当社は、第3項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することができます。

(1) 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合

(2) 当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(3) 過去に本サービスの利用の登録を取り消された者である場合

(4) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又

は補助人の同意等を得ていなかった場合

(5) 現在かつ将来にわたり、反社会勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過

しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他にこれらに準ずる者をいいます。)に該当した場合、または暴力的行為、詐術、脅迫行為、業務妨害行為等違法行為を行わないと当社が判断した場合

(6) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合


第4条 パスワード及び会員IDの管理

1.会員は、本サービスのIDおよびパスワードを善良なる管理・注意義務をもって使用および保管するも

のとします。

2.当社は、IDまたはパスワードの使用上の過誤または第三者による不正使用等について、その責任を一切負わないものとします。

3.会員は、IDまたはパスワードの第三者による不正使用等により発生した本サービスの利用料金について、当社は一切責任を負わないものとします。ただし、当社の責めに帰すべき事由があるときはこの限りではありません。


第2章 受講生

第5条 講座の受講方法

1. 受講生は、当社所定の方法により、講座を予約することができます。

2. 前項の予約手続が完了した場合、受講生に対し予約完了の通知が行われるものとし、当該通知が受講生に

到達した時点で、講師と受講生の間に受講生が予約した講座の受講申込みが成立したものとします。但し、受講生の責に帰すべき事由により当該通知が到達しなかった場合でも、通常到達すべき時点において当該通知が到達したものとみなして受講申込みが成立したものとします。

3. 受講生は、前項の通知の定めるところに従い、前項に基づき受講申込みが成立した講座を受講する対価(以下「受講料」という。)を当社の指定する方法で当社に支払うものとします。振込手数料その他支払に 必要な費用は受講生の負担とします。

4.会員が当社のエージェントサービスを希望し、エージェントサービス利用者となった場合、講座を割引価格で受講できる場合があります。

5. 受講生が受講料の支払を遅滞した場合、受講生は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。


第6条 受講のキャンセル方法

1. 受講生は、予約締切日までは予約をキャンセルすることができるものとし、キャンセルされた講座に関

する受講申込みは取り消されるものとします。なお、受講料の返還に際して、受講生が受講料の支払いに発生した手数料、当社が負担した費用が控除される場合があります。

2. 当社は、当社が別途定めるところに従い、受講料を受講生に返還しますが、予約締切日後に予約をキャンセルされた場合は、受講生の理由に関わらず、受講料の返還いたしません。


第3章 講師

第7条 プロフィールの公開

講師は、自らのプロフィールについて、「公開」に設定した箇所については、第三者(会員を含みますが、これに限られません。)に公開がなされること予め同意するものとします。当社は、本項の公開により会員に発生した損害について一切の責任を負わないものとします。


第8条 講座ページの作成

1. 講師は、当社の定める方法に従い、講座ページを作成することができるものとします。

2. 前項の講座ページの作成後、第6条第2項に従って、受講申込みが成立した場合には、講師は、受講生

に対し、受講生が予約した講座ページの内容に従って講座を提供する義務を負うものとします。

3. 講師は、講座のページを公開した後は、受講申込みが成立した受講生が存在する場合、受講生に予告な

く講座開催の中止はできないものとします。

4. 講座ページの作成にあたって以下の項目は禁止するものとします。

(1)本サイトを広告媒体として使用する行為

(2)受講料の現地決済の誘導や許容を示す文言


第9条 受講料及び手数料

1. 講師が当社に対して支払う手数料は、別途当社と講師の間で合意した金額とします。なお、手数料は消

費税相当額を含まない金額を意味するものとし、講師は別途消費税相当額を当社に支払うものとします。

2. 講師は、当社に対し、受講生から支払われる受講料を代理受領する権限を付与するものとし、受講生か

ら受講料を直接受領してはならないものとします。


第10条 掲載講座のガイドライン

当社は以下の内容に該当する講座と判断した場合、講師に対して予告なく本サービスからの掲載を削除できるものとします。削除された当該講座に対して、講師はこれに一切の異議を申し立てないものとします。

1. 投資やお金に関する講座

2. ネットワークビジネスへの関与が疑われると当社が判断した講座

3. 犯罪的行為を促すような内容に関する講座

4. 政治に関連する講座

5. スピリチュアル・宗教に関連する講座

6. メンタル・心理、ヒーリング、セラピー、心のケア、催眠術などに関する講座

7. 営業、商材販売、採用、別イベントへの勧誘など、本サービスの目的とは異なる講座

8. 受講生が講座ページを見て具体的にイメージできる程度の説明が伴わない講座

9. 当社が、公開あるいは講師登録の権利を剥奪した講師により作成された講座


第11条 講師の注意事項

講師は、開催する講座において以下の行為については行わないものとします。その行為をしたと当社が判断した場合、当社は講座開催の中止およびその事実を本サービス上で公表することができるものとし、講師はこれに一切の異議を申し立てないものとします。なお、当社は公表によって講師に発生した損害について一切の責任を負わないものとします。

1. 犯罪行為およびその他の他人に迷惑となる行為

2. 告知内容と著しく異なる内容で講座を開催する行為

3. 教える行為から逸脱する行為

4. 別の営利目的や宗教への勧誘を目的とした行為

5. 受講生の個人としての人権やその他の権利を侵害するような行為

6. その他、本サービスで開催する講座として相応しくない行為

上記にかかわらず、当社が本サービスに相応しく無いとみなす行為があったとみなされた場合には、当社の判断により以降の講座の掲載及び講師としての利用権限の停止措置を行う可能性がございます。


第4章 共通事項

第12条 登録情報の使用

1. 当社のウェブサイト上に掲載されるプライバシーポリシーに従い、登録情報及び受講者が本講座を受講する過程において、当社が知り得た登録情報を使用することができるものとします。

2. 当社は、講座内容の撮影及び録音を行い、資料又は販促物として当社ホームページへの掲載、あるいは販売を行う場合があります。


第13条 禁止行為

1. 会員は、本サービスの利用及び本サービスに基づく講師としての講座の提供又は受講生としての受講及びレビューの投稿にあたり、会員は以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

(1) 当社、又は他の会員、外部SNS事業者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為

(2) 犯罪予告、犯罪の指南等、犯罪を引き起こすおそれのある行為、その他犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為

(3) 猥褻な情報又は青少年に有害な情報を送信する行為

(4) 異性交際を目的として本サービスを利用する行為

(5) 法令又は当社若しくは会員が所属する業界団体の内部規則に違反する行為

(6) コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為

(7) 不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法第234条の2)に該当する行為をはじめ、当社、又は他の会員、外部SNS事業者その他の第三者のコンピューターに対して不正な操作を行う行為

(8) 人種、民族、信条、性別、社会的身分、居住場所、身体的特徴、病歴、教育、財産および収入等を根拠にする差別的表現行為

(9) 倫理的に問題がある低俗、有害、下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示する行為

(10) ポルノ、売春、風俗営業、これらに関連する内容の情報を開示する行為

(11) 迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、その他当社、又は他の会員、外部SNS事業者その他の第三者に精神的被害・経済的被害を与える可能性のある行為

(12) 広告又は第10条の受講料以外の営利を目的として、講座ページを作成する行為及びリンクを設置する行為

(13) 講師としての講座の開催および受講生としての受講以外の目的で行う営業・勧誘或いはそれらと見なされる連絡行為

(14) 他者になりすまして本サービスを利用する行為

(15) ロボットその他のデータマイニング、データ収集ツール、または手動を問わず、当社の事前の書面による承諾を得ることなく、本サービス上のコンテンツまたはデータを収集しまたは複製する行為

(16) 当社の事前の書面による承諾を得ることなく、他の会員の情報その他データベース上の情報、本サービスに掲載された情報を取得することを目的とする一切の行為

(17) 本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為

(18) 当社が定める一定のデータ容量以上のデータを本サービスを通じて送信する行為

(19) 当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(20) 当社又は本サービスと同一又は類似の名称をその用途、手段にかかわらず、使用する一切の行為

(21) その他、当社が不適切と判断する行為


2. 当社は、本サービスにおける会員による情報の送信行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、会員に事前に通知することなく、当該情報の全部又は一部を削除することができるものとします。当社は、本項に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。


第14条 情報の保存

当社は、会員が送受信したメッセージその他の情報を運営上一定期間保存していた場合であっても、かかる情報を保存する義務を負うものではなく、当社はいつでもこれらの情報を削除できるものとします。なお、当社は本条に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。


第15条 ダウンロード等についての注意事項

会員は、本サービスの利用開始に際し又は本サービスの利用中に、当社ウェブサイトからのダウンロードその他の方法によりソフトウェア等を会員のコンピューター等にインストールする場合には、会員が保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、当社は会員に発生したかかる損害について一切責任を負わないものとします。


第16条 権利帰属

1. 当社ウェブサイト及び本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。会員は、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。

2. 当社ウェブサイト又は本サービスにおいて、会員が投稿その他送信を行った文章、画像、動画その他のデータについては、当社において、無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。


第17条 本サービスの停止等

1.当社は、以下のいずれかに該当する場合には、会員に事前に通知することなく、本サービスの利用

全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。

(1) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合

(2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合

(3) 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(4) その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

2.当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社は会員に事前に通知するものとします。

3.当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。


第18条 登録取消等

1. 当社は、会員が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知又は催告することな

く、当該会員について本サービスの利用を一時的に停止し、又は会員としての登録を取り消すことができます。

(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2) 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合

(3) 当社、他の会員、外部SNS事業者その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合

(4) 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合

(5) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

(6) 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき

(7) 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合

(8) 租税公課の滞納処分を受けた場合

(9) 死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合

(10) その他、当社が会員としての登録の継続を適当でないと判断した場合

2. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負いません。


第19条 保証の否認及び免責

1. 当社は、講師の提供する講座の適法性、正確性、適切性、真実性、信頼性、有用性その他一切の事項に

つき如何なる保証も行うものではなく、講師と受講生の間の問題について一切の責任を負いません。さらに、会員が当社から直接又は間接に本サービス又は他の会員に関する情報を得た場合であっても、当社は会員に対し本規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではありません。

2. 講師による講座の提供、受講生による講座への参加は、いずれも会員自身の責任により行われるものとし、当社はこれを監督し、またはその他講座が適切に開催されること等につき一切の責任を負わないものとします。講座の提供または講座への参加に関するすべての費用、危険等については、会員自身が責任を負うものとし、当社はこれらにつき一切の責任を負わないものとします。

3. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、会員のメッセージ又は情報の削除又は消失、会員の登録の取消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連して会員が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。


第20条 紛争処理及び損害賠償

1. 会員は、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、

当社に対しその損害を賠償しなければなりません。

2. 会員が、本サービスに関連して他の会員、外部SNS事業者その他の第三者からクレームを受け又は

それらの者との間で紛争を生じた場合には、直ちにその内容を当社に通知するとともに、会員の費用と責任において当該クレーム又は紛争を処理し、当社からの要請に基づき、その経過及び結果を当社に報告するものとします。

3. 会員による本サービスの利用に関連して、当社が、他の会員、外部SNS事業者その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、会員は当該請求に基づき当社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。

4. 当社は、本サービスに関連して会員が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社が会員に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、下記の金額を上限とします。

(1) 会員が受講生としての立場で損害を被った場合:

損害の事由が生じた時点から遡って過去6ヶ月の期間に当社が受講生から現実に受領した受講料の総額

(2) 会員が講師としての立場で損害を被った場合:

損害の事由が生じた時点から遡って過去6ヶ月の期間に講師が当社から現実に受領した受講料の総額


第21条 秘密保持

1. 本規約において「秘密情報」とは、利用契約又は本サービスに関連して、会員が、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、(1)当社から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの、(2)当社から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの、(3)提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、(4)秘密情報によることなく単独で開発したもの、(5)当社から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたものについては、秘密情報から除外するものとします。

2. 会員は、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。

3. 第2項の定めに拘わらず、会員は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。

4. 会員は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。

5. 会員は、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。


第22条 有効期間

利用契約は、会員について第4条に基づく登録が完了した日に効力を生じ、当該会員の登録が取り消された日、または本サービスの提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社と会員との間で有効に存続するものとします。


第23条 連絡/通知

1. 本規約の変更に関する通知その他当社から会員に対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。

2. 本サービスで表示する内容に関してプライバシー侵害・名誉毀損等に関する問題がある場合、本規約に他人が違反しているのを発見した場合、その他当社に対する問い合わせが必要な場合は、以下のメールアドレス宛にご連絡ください。

  メールアドレス: edu@jusnet.co.jp


第24条 本規約の譲渡等

1.会員は、本契約上の権利、義務その他契約上の地位の全部または一部について譲渡、質入れ、賃貸その他の処分をすることはできません。

2.会員の登録契約上の地位は、相続によっては承継されません。


第25条 準拠法及び管轄裁判所

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第26条 協議解決

当社および会員は、この規約に定めのない事項またはこの規約の各条項の解釈について生じた疑義については、誠意をもって協議の上解決するものとします。


2019年9月1日 制定



個人情報の取扱いについて

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社(以下「当社」といいます。)は、個人情報保護を最重要課題と位置づけ、「個人情報保護マネジメントシステムに関する要求事項(JIS Q15001)」に準拠した保護管理体制をしいています。当社の全社員が個人情報保護の重要性を認識し、以下の定めにもとづき個人情報をお取扱いいたします。


1.個人情報の収集と利用の目的

当社で提供する経理実務の学校(以下、「本サービス」といいます)をご利用の際にご登録いただいた個人情報の利用目的は、以下の通りです。当社は、本人の同意なく目的の範囲を超えて利用することはありません。


(1) 受講登録と受講管理および受講案内等

(2) ご注文またはお申込いただいた本サービスの提供

(3) 本サービスの改善、新規サービスの開発及びマーケティング

(4) キャンペーン・アンケート・モニター・取材等の依頼

(5) 本サービスに関するご意見、お問合せ内容の確認・回答

(6) メールマガジン経理の薬の配信


なお、エージェントサービスを希望された場合は、

エージェントサービスの規約「https://www.jusnet.co.jp/rule.html」に同意の上、申込みを行ってください。


2.個人情報登録の任意性

個人情報の全部または一部が不足している場合には、お問い合わせにお答えできない場合があります。あらかじめご了承ください。


3.個人情報の委託

当社は、利用目的の為にお客様から収集した個人情報を外部の業者に委託する場合があります。この場合、委託する業者と契約を締結し、お客様の個人情報を適正に管理できるようにいたします。


4.個人情報の第三者への提供

当社は、お客様から収集した個人情報を第三者へ提供する場合には、あらかじめその旨をお客様に通知し、承諾を得た上で行います。ただし、次に示すいずれかに該当する場合は、この限りではありません。

(1)法令に基づく場合

(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の承諾を得ることが困難である場合

(4)国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

(5)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供された場合であって、承継前の利用目的の範囲内で当該個人情報を取り扱うとき


5.個人情報の開示、訂正、削除

当社は、お客様から担当窓口にご連絡いただいたときは、個人情報の開示、訂正、削除等に合理的な範囲で速やかに対応いたします。 なお、開示等に応じる窓口は、下記のお問い合わせ先となります。


6.個人情報に関する問合せ先

登録いただいた個人情報に関するお問合せは、以下の個人情報相談窓口までご連絡をお願いします。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 個人情報相談窓口

E-mail:sodan@jusnet.co.jp

TEL:03-4550-6629


個人情報保護管理者 小林 公一

2019年9月1日 制定